江戸川乱歩館|鳥羽に住み日本推理小説の礎を築いた江戸川乱歩ゆかりの館

江戸川乱歩館について

江戸川乱歩館(えどがわらんぽかん・Edogawaranpo kan)は、日本の推理小説の礎を築いた江戸川乱歩(本名・平井太郎)がかつて鳥羽に住んでいた際の鳥羽の人々との関りや、鳥羽でインスピレーションを受けて書いたとされる作品を展示しています。

江戸川乱歩などと親交があった、画家、風俗研究家の岩田準一と乱歩・夢二館や、「乱歩監館・鳥羽文学ギャラリー」などがあり中庭や路地風の通路や昭和の風情が漂っています。

江戸川乱歩館へのアクセス

住所:〒517-0011 三重県鳥羽市鳥羽2丁目5−11


最寄り駅:鳥羽駅から650m

江戸川乱歩館を巡る旅ランウォーク

九鬼嘉隆・御木本幸吉ゆかりの地を訪ねるみち (4.5㎞)

江戸川乱歩館周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 志摩国七福神霊場を走って巡ろう

  2. 高田本山専修寺|三重県で建造物としては初の国宝となったお寺

  3. 三木里ビーチ|徳川吉宗ゆかりの松林がある真っ白な砂浜の海水浴場

  4. 霞ケ浦緑地公園|四日市ドームのある工場夜景の美しく見える公園

  5. 秋葉神社|式内社に列した大海田水代大刀自神社に比定される石の祠

  6. 瀧祭神|正宮のアマテラスに願いを取り次いでくれる「おとりつぎさん」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。