鈴鹿漁港:江戸時代からにぎわっていた天然の入り江漁港

鈴鹿漁港について

鈴鹿漁港は江戸時代については地域一帯の年貢米積出港として利用されていた天然の入り江でした。

第2次大戦後、大型化した漁船に対応するために、大改修が行われました。

鈴鹿漁港へのアクセス

住所:〒513-0051 三重県鈴鹿市下箕田町


最寄り駅:近鉄長太ノ浦駅から1.4km

鈴鹿漁港周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 寒松院|津発展の礎を築いた藤堂高虎たちのお墓があるお寺

  2. 神馬の湯|多度大社や多度山を歩いた後はこちら

  3. 亀山サンシャインパーク|亀山PAと一体になった都市公園

  4. 木本神社|「暴れ神輿」が見どころの例大祭が10月に開催される神社

  5. 三滝公園|14面のテニスコートや武道館のある公園

  6. 真楽寺|かつて中南勢最大の大きさを誇る美濃田の大仏があったお寺

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。