志摩国分寺|聖武天皇の発した一国一寺の詔により建立されたお寺

志摩国分寺について

志摩国分寺は聖武天皇が仏教により国を守るために発した一国一寺の詔によって建立された

歴史あるお寺で、応仁の乱時に一度焼失しましたが、その後再建され、本堂は有形文化財に指定されています。

本尊の薬師如来坐像はヒノキの寄木造りで、高さ2mと志摩地方でも屈指の大きさで、三重県の有形文化財に指定されています。

正面の扉は閉められていて、御開帳は20年に一度。普段は前仏の薬師三尊を通して拝みます。

境内の周辺からは古代の土器などが出土し、三重県指定史跡ともなっています。

志摩国分寺へのアクセス

住所:〒517-0506 三重県志摩市阿児町国府3476


最寄り駅:近鉄鵜方駅から6.5km

志摩国分寺周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 蓮生寺|長島城の大手門が山門となっているお寺

  2. 九華公園 水城・桑名城跡につくられた公園

  3. 伊勢神宮はなぜ日本国において別格の神社でありつづける4つの理由

  4. 横滝寺|静かな林道の途中に佇む眼病に効く眼の仏さまが待つお寺

  5. 白鳥塚古墳|ヤマトタケルの霊が白鳥になって飛び去った古墳

  6. 山末神社|神宮神田の山の神を祀るお伊勢さん125社

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。