大智院|桑名藩主の祈願所となっていた長島地区のお寺

大智院について

大智院(だいちいん・Daichiin)は松平定政が藩主の時に建てられ、桑名藩主の祈願所となった真言宗のお寺です。

松尾芭蕉が「奥の細道」の旅の後、立ち寄った寺で、この寺で「うきわれを さびしがらせよ 秋の寺」の句を詠んだことでも知られています。

大智院へのアクセス

住所:〒511-1143 三重県桑名市長島町西外面1219


最寄り駅:近鉄長島駅から1.2㎞、JR長島駅から1.3㎞

大智院を巡る旅ランウォーク

【ウォーキングコース】輪中と水郷のまち・桑名を歩くコース (5.3㎞)

大智院周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 勧学寺|桜の名所・走井山公園に隣接する矢田城跡に建つお寺

  2. 千代崎海水浴場|三重県最北端の波が穏やかな海水浴場

  3. 伊勢七福神を走り歩こう|距離の目安・47㎞

  4. 大林寺|「油屋騒動」のお紺と孫福斎の墓「比翼塚」が建つお寺

  5. 高松海岸|北勢唯一の干潟が残る県内有数の潮干狩りスポット

  6. 千手滝|赤目五瀑の一つで背後の景観との調和が美しい滝

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。