鎮國守國神社|桑名藩主松平定綱・定信を祀る桑名城跡にある神社

鎮國守國(ちんこくしゅこく)神社について

桑名城本丸跡(現九華公園)にある神社で、桑名藩主であった松平定綱(鎮国)と松平定信(守国公)を祀った神社です。

もともとは白河「現在の福島県白河市)場内に松平定綱を祀ったのがはじまりとされています。

毎年5月2日・3日には例祭の金魚祭が行われ、多くの人でにぎわいます。

近代社格制度・旧県社

明治の近代社格制度で高い格付けを受けた三重県の名社を走って巡ろう

鎮國守國神社へのアクセス

住所:〒511-0032 三重県桑名市吉之丸9


最寄り駅:桑名駅から1.6㎞

鎮國守國神社周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 照源寺|桑名藩主だった松平家の代々のお墓があるお寺

  2. 御船磐座|アマテラスの孫・ニニギノミコトが降りてきたとされる地

  3. 小丹神社|大洪水により今の地に遷ったきつい石段の先にある神社

  4. 真教寺|閻魔王座像がありエンマ堂の愛称を持つ江戸創建のお寺

  5. 中央緑地公園|ジョグ・ウォークコースもあるスポーツ施設充実の公園

  6. 多度山峠走(7㎞)|数ある峠道の中でも傾斜のきつさはトップクラス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。