ねじり橋|土木遺産にも選ばれた「ねじりまんぼ」が貴重な橋

ねじり橋について

江戸時代に作られた「六把野井水(ろっぱのいすい)」に架かる橋で、橋と用水が斜めに交差するため、アーチ橋株のブロックは、ひねりを入れて積まれています。

土木学会の土木遺産にも認定されており、めがね橋と並んで三岐鉄道北勢線の代表的な撮影スポットです。

この構造は「ねじりまんぽ」といい、現存するコンクリートブロック製の橋では唯一と言われる大変貴重な橋です。

六把野井水(ろっぱのいすい)とは

本多忠勝が桑名藩主時代に着工した全長約29㎞の水路で、35年かけて5代藩主・松平定綱の時に完成されました。

ねじり橋へのアクセス

住所:〒511-0221 三重県いなべ市員弁町下笠田

最寄り駅:三岐鉄道北勢線・楚原駅から900m

ねじり橋周辺のおすすめスポット

ねじり橋からの走行・歩行距離 500m


ねじり橋からの走行・歩行距離 650m

 

おすすめの記事