安楽寺|江戸時代後期の鐘楼門が見事な伊勢の津七福神・布袋尊

安楽寺(あんらくじ)について

安楽寺の立派な山門「鐘楼門」は総けやき造りで江戸時代後期のものと推測され、門の2階部分におさめられている銅鐘の表面には、安楽寺の歴史を書いた銘文がびっしり刻まれています。

醍醐天皇が日本全国に建てた安楽寺の一つと言われている【曹洞宗】のお寺です。

伊勢の津七福神 布袋尊

桑名市、四日市市、鈴鹿市、亀山市と北勢エリアの7つの寺院を巡る七福神巡りです!

伊勢tの津七福神について詳しくはこちら

安楽寺へのアクセス

住所:〒515-2522 三重県津市一志町波瀬2284 安楽寺


最寄り駅:JR名松線・伊勢大井駅から3.7㎞

安楽寺を巡る旅ランウォーク

【ランタビルート】伊勢の津七福神を走り歩こう(36㎞)

津市内の7つの神社や寺院を巡る七福神巡りで、一志にある安楽寺だけがすこし離れた場所にあります。

安楽寺周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 世義寺|かつては多くの塔頭を有する大寺だった行基建立のお寺

  2. 獅子岩|世界遺産の一つにも選ばれた獅子が咆哮する奇岩

  3. 又木茶屋|画伯の屋敷が修復・整備された情報交流施設

  4. 福蔵寺|織田信長の三男・信孝の菩提寺

  5. 鈴鹿市伝統産業会館|鈴鹿市が全国に誇る伝統工芸を展示する施設

  6. 八幡神社|尾鷲港が見渡せる小高い山の上にある神社

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。