石薬師寺|弘法大師が自ら刻んだ薬師如来像が待つお寺

石薬師寺とは

石薬師寺は東海道を参勤交代で通る大名が、道中の安全祈願のために立ち寄ったとされるお寺で、殿様の足元に配慮された丸みのある石段が残されています。

726年に泰澄というお坊さんが、地底から見つけた巨石が薬師如来の出現と悟り、草庵を建てたのがはじまりとされ、その後この巨石を弘法大師が自ら刻んだとされる薬師如来像が本尊で、秘仏となっており、毎年12月20日のおすす取りに合わせて、ご本尊開扉を行っています。

その後、嵯峨天皇の勅願寺となって、寺勢は栄えたのですが、戦国時代の兵火により一度は焼失。

その後神戸藩主の一柳直盛によって再建され、東海道五十三次の石薬師宿にちなんで、今の石薬師寺となりました。

このお寺のご利益としては厄除けのほか、家内安全・身体安全・病気平癒等、諸願成就の祈願を行っています。

またこのお寺には本尊の石薬師如来像のほか、紀州徳川家が寄進した日光、月光の両菩薩などが安置されています。

石薬師寺へのアクセス

住所:〒513-0012 三重県鈴鹿市石薬師町1

最寄り駅:JR河曲駅から2.1㎞、JR加佐登駅から2.3㎞

石薬師寺周辺のおすすめスポット

おすすめの記事