敏太神社|秀吉や松坂城築城の蒲生氏郷からも信仰された八幡社

敏太神社について

敏太神社(みぬだじんじゃ・Minuda jinjya)は、地元の人々が木の枝に光る八幡大菩薩の木造を得て社殿を建てたのが始まりで、延喜式内社・敏太(みぬだ)神社(伊勢国・壹志郡十三座)に比定される神社です。

豊臣秀吉や松坂城を築城した蒲生氏郷、紀州の徳川頼宣などからも信仰を集め、江戸期からは敏太八幡宮と呼ばれるようになりました。

延喜式内社・壹志郡十三座 敏太神社

敏太神社へのアクセス

住所:〒515-2344 三重県松阪市美濃田町950−1


最寄り駅:JR上ノ庄駅から2.3m

敏太神社周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 南張海浜公園|南国の雰囲気があふれる砂浜に隣接する公園

  2. 鍵屋の辻|日本三大仇討の一つ「伊賀越仇討」の舞台となった場所

  3. 野登寺(上寺)|標高800mを超える野登山のきつい坂道の上にあるお寺

  4. 朝熊神社・朝熊御前神社|内宮摂社第1位・2位の格式ある神社

  5. 横滝寺|静かな林道の途中に佇む眼病に効く眼の仏さまが待つお寺

  6. 麻續神社|延喜式内社・麻續に比定される神社

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。