鳥岡観音|阿坂城城主で秀吉も苦しめた大宮入道含忍斉の墓と言われる地

鳥岡観音について

鳥岡観音は中央に如意輪観音、右に十一面観音、左に魚籃観音を配しています。

明治地誌によると、北畠家の大家老で阿坂城城主で、豊臣秀吉(当時は木下藤吉郎)に生涯唯一の戦傷を負わせたとされる大宮入道含忍斉の遺体を埋めたところで、鳥岡墓とも呼ばれています。

鳥岡観音へのアクセス

住所:〒515-2342 三重県松阪市大阿坂町


最寄り駅:JR上ノ庄駅から3.2㎞

鳥岡観音周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 道の駅・紀伊長島マンボウ|全国的に珍しい芝生公園のある道の駅

  2. 上野神社|地元35の神社が合祀された「八幡さん」として信仰される神社

  3. 日川寺|平維盛の子六代とその郎党が草庵として隠れ住んだお寺

  4. 高河原神社|月夜見宮の神殿の右手後ろにあるお伊勢さん125社

  5. 吉津屋見附跡|桑名藩の役人の番所が建てられた跡地

  6. 国分寺|明星岳中腹のかなりきつい山道の先にある行基開山のお寺

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。