鬼ヶ城|世界遺産の一つにも選ばれた1㎞近く続く奇岩の連なり

鬼ヶ城とは

鬼ヶ城(おにがじょう・Onigazyou)は熊野灘の波に削られた奇岩が1㎞近く続き、国の名勝・天然記念物にも指定されている、熊野を代表する絶景スポットの一つです。

「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産の一つにも登録されています。

山頂には戦国時代の城跡があり、熊野古道の人気ルートの一つ・松本峠とも連結しています。

山頂に通じるハイキングコースは、春には4種類の桜が順番に開花し、大きな見どころの一つとなっています。

平成25年には鬼ヶ城の玄関口に熊野市鬼ヶ城センター複合施設がオープンし、観光客の皆さんの憩いの場ともなっています。

鬼ヶ城へのアクセス

住所:〒519-4323 三重県熊野市木本町1835−7


最寄り駅:JR紀勢本線・熊野市駅から2.6㎞

鬼ヶ城からいく旅ランウォーク

【ウォーキングコース】熊野・よみがえりの道 (5㎞)

熊野古道伊勢路の中でも人気スポットとして知られる松本峠や、奇岩・獅子巌、日本最古の神社ともいわれる花の窟などを巡るコースです。

鬼ヶ城周辺のスポット

 

関連記事

  1. 大慈寺|お花のお寺として知られる「志摩のあじさい寺」

  2. 大羽根運動公園|サッカー場やテニスコートなどがある公園

  3. 櫛田神社|尾根の上にある延喜式式内社・櫛田神社に比定される神社

  4. 丹生神社|地元に繁栄をもたらした水銀に由来する丹生明神

  5. さいくう平安の杜|平安時代の古代建築を復元し古来の斎宮を再現

  6. 村山龍平記念館|朝日新聞の創始者で新聞界の英傑・村上龍平氏の記念館

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。