(下笠田)八幡神社|境内を北勢線が横切るかなり珍しい神社

(下笠田)八幡神社について

八幡神社(はちまんじんじゃ・Hachiman jinjya)は神社境内の鳥居と社の間を北勢線が横切るのがかなり珍しい、ホムダワケを祀る神社です。

また帝国陸海軍現存兵器リストを収められている実物の砲弾と機雷が奉納されているのも珍しい神社です。

八幡神社は祀られている神様

戦前は武神の神様「八幡神」として信仰を集め、開運招福、国家安泰、産業発展、学問上達、勝運授与、武運長久などのご利益があると言われる、誉田別命(ホンダワケノミコト=応神天皇)を祀っています。

八幡神は全国に約4万社あると言われ、日本全国のあらゆる地で参拝できる神様です。

八幡神社へのアクセス

住所:〒511-0283 三重県いなべ市大安町南金井482−1


最寄り駅:三岐鉄道北勢線・楚原駅から1.4㎞

八幡神社を巡る旅ランウォーク

【ウォーキングコース・スタート地点】心にのこる、いなべ・三岐鉄道北勢線沿線を歩くみち (13㎞)

三岐鉄道の日本では数少なくなった762mm軌間のナローゲージ鉄道沿線にある、大正から昭和初期の建物が多く残る、懐かしい風景の中を歩くコースです。

八幡神社周辺のおすすめスポット

 

関連記事

  1. 長谷神社|「ながたにさん」として信仰を集める延喜式内社

  2. 大日堂・五百羅漢|神様と仏様が仲良く所狭しと並ぶ小高い土の山

  3. 福善寺|地域の病気平癒や用水路開発などの功績がある僧が再興したお寺

  4. 額田神社|延喜式内社に比定される神社

  5. 2024年2月3日に三重県にて人気節分行事が行われるスポットは?

  6. 神前神社|かなりきつい石段を登った小井戸口山の頂にある神社

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。