伊奈冨神社|食をつかさどる神をまつる紀元前からの歴史を持つ神社

伊奈冨(いのう)神社について

伊奈冨神社(いのうじんじゃ・Inou jinjya)は紀元前からの歴史を持つと言われており、食物をつかさどり稲生の大神とも称えられる保食大神(うけもちおおかみ)が祀られ、五穀豊穣、諸業繁栄、商売繁盛、家内安全、厄除開運、良縁成就、学業成就、病気平癒等など多くのご利益があるとされています。

明治時代には県社に格付けられ、延喜式神名帳にある「伊奈冨神社(伊勢国・奄芸(あんき・あんげ)郡 十三座)」に比定される式内社です。

室町時代以前に造られた庭園で、日本最古の「七島式庭園」として知られる伊奈冨神社庭園・七島池は、三重県指定名勝となっています。

近代社格制度・旧県社

明治の近代社格制度で高い格付けを受けた三重県の名社を走って巡ろう

延喜式内社・奄藝郡十三座 伊奈富神社

延喜式内社・奄藝郡十三座について詳しくはこちら

伊奈冨神社へのアクセス

住所:〒510-0204 三重県鈴鹿市稲生西2丁目24−20

最寄り駅:伊勢鉄道・鈴鹿サーキット稲生駅から1.2km

伊奈冨神社周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 伊賀留我神社|伊勢神宮とのかかわりが深かったとされる式内社

  2. 合格神社|「憲政の神様」「議会政治の父」尾崎行雄氏を祀った神社

  3. 安濃中央総合公園|広大な芝生広場などがある家族で楽しめる公園

  4. 智福寺|菰野町の文化財市指定されている絹本着色仏涅槃図があるお寺

  5. 北勢エリアの伊勢七福神を走って巡ろう

  6. 野登寺(上寺)|標高800mを超える野登山のきつい坂道の上にあるお寺

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。