東の追分|旧東海道と旧伊勢別街道の分岐点

東の追分とは

東の追分(ひがしのおいわけ・higashi no oiwake)は東海道と伊勢別街道の分岐点となっていて、旅人が伊勢神宮を遥拝するための大鳥居が建ちます。

この鳥居は伊勢神宮内宮にあったものを譲り受るもので、これがお木曵行事となっています。

東の追分へのアクセス

住所:〒519-1107 三重県亀山市関町木崎1481


最寄り駅:JR関駅から750m

東の追分を巡る旅ランウォーク

【ウォーキングコース】東海道・関宿、街並みを巡るみち(5㎞)

往時の宿場町の街並みが残り、重要伝統的建造物群保存地区に選定されている、東海道五十三次47番目の宿場町の昔ながらの街並みを満喫できるコースです。

東の追分周辺のおすすめスポット

 

関連記事

  1. 珍布峠|伊勢国と大和国の国境を分けた国分伝説が残る伝説の峠

  2. 松下幸之助社|椿大神社の境内にある経営の神様を祀る神社

  3. 殖栗神社|春日大社に仕えていた殖栗一族がはじまりとされる式内社

  4. 真宗高田派六寺院|伊勢地方の真宗高田派の重要拠点

  5. 射和文庫(竹川邸)|江戸で両替商を成功させ国学も極めた竹川家の邸宅

  6. 大羽根運動公園|サッカー場やテニスコートなどがある公園

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。