府南寺|木造金剛力士像やアイナシなど見どころ多い2本尊のお寺

府南寺について

府南寺(ふなんじ・Funan ji)は聖徳太子の開創と伝えられるお寺で、泰平山無量寿寺と補陀落山府南寺とが、天正の兵災後に合併して泰平山府南寺となった、真言宗御室派の準別格本山、寺格は二等格院です。

無量寿寺の本尊である阿弥陀如来は伊勢神宮内宮の天照大御神の本地仏とされており、府南寺の本尊・千寿観世音菩薩は「国府の観音」「上寺の観音」とも呼ばれています。

運慶作で像高2.12mの木造金剛力士立像は国重要文化財に指定されているほか、裏門東側には県指定天然記念物のアイナシが生育されており、開花は4月初旬から中旬です。

伊勢西国三十三所観音巡礼 第18番

三重四国八十八カ所霊場 第21番

四国にある空海ゆかりの88カ所の仏教寺院の霊場巡りお遍路の三重県版で、空海が伊勢神宮へ参拝する際に実際に通った道を中心に、八十八カ所の巡礼地を巡ります。

府南寺へのアクセス

住所:〒513-0836 三重県鈴鹿市国府町2548


最寄り駅:JR井田川駅から3.7㎞

府南寺を巡る旅ランウォーク

伊勢西国三十三所観音を走り歩こう(鈴鹿編)(27㎞)

三重四国八十八カ所霊場を走り歩こう(鈴鹿西部編)(33㎞)

府南寺周辺のおすすめスポット

おすすめの記事