松浦武四郎記念館|北海道の名付け親・武四郎の資料が待つ博物館

松浦武四郎記念館とは

松浦武四郎記念館(まつうらたけしろうきねんかん・Matsuuratakeshirou kinenkan)は平成6年の開館以来、松浦武四郎の資料の収集保管、調査研究、展示公開、教育普及など博物館活動を行っている施設です。

松浦武四郎とは

幕末から明治にかけての探検家で、地誌学者、作家、出版社などいろいろな顔を持っていた幕末の偉人で、伊勢國須川村(現三重県松阪市小野江町)に生まれました。

北海道に昔から住んでいたアイヌ民族からの協力を得ることで、蝦夷(現在の北海道)通として知られ、明治政府より蝦夷地に代わる名称を考えるよう依頼され、「北海道」の名づけの親となりました。

松浦武四郎記念館へのアクセス

住所:〒515-2109 三重県松阪市小野江町383


最寄り駅:近鉄中川駅から3.2㎞、JR紀勢本線・六軒駅から3.4㎞

松浦武四郎記念館を巡る旅ランウォーク

【ウォーキングコース】伊勢街道・三雲町から松阪市へのみち(10㎞)

松阪市を通る伊勢街道沿いの道標や、闇夜を照らす役割を果たしていた常夜灯など数多くの街道資産を巡りながら、江戸時代から続く宿場町の面影を楽しめるコースです。

松浦武四郎記念館周辺のおすすめスポット

 

関連記事

  1. 霞ケ浦緑地公園|四日市ドームのある工場夜景の美しく見える公園

  2. お伊勢さん125社を走り歩こう(松阪編)|距離の目安・10.5㎞

  3. 常蓮寺|明治に建立され昭和23年に今の寺号を得たお寺

  4. 江西寺|「祈願だるま寺」「鈴鹿のだるま寺」として信仰を集めるお寺

  5. 観音山公園|アスレチックや石仏や機関車が待つ関宿近くの公園

  6. 常福寺|江戸時代に藩主の祈願寺として栄えた1300年の歴史を持つお寺

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。