市杵島姫神社|地元から「べざいさん」の名前で親しまれる神社

市杵島姫神社について

市杵島姫(イチキシマヒメ)神社は地元から「べざいさん」と呼ばれ親しまれている神社で、南北朝時代に当時の国司であった北畠氏が守り本尊としていたご神体がこの土地に移ったと言われています。

べざいさんの名前は万物の生命をつかさどる水の神様・弁財天の信仰からつけられており、このあたりの地名・下弁財町、上弁財町もこの信仰からつけられています。

市杵島姫神社へのアクセス

住所:〒514-0805 三重県津市下弁財町津興2391


最寄り駅:JR阿漕駅から800m、近鉄津新町駅から2.2㎞

市杵島姫神社周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 神戸の見附|伊勢街道神戸宿の入口にあたる番所跡

  2. 近鉄名古屋線・南が丘駅|近鉄名古屋線で最も新しい駅

  3. 御曹子社|源頼朝の弟で文武に優れた源範頼を祀った神社

  4. 国分家|呉服店と醬油製造販売で成功した松阪商人の家

  5. さいくう平安の杜|平安時代の古代建築を復元し古来の斎宮を再現

  6. 須場の浜|わらじ祭りで波切神社からきた大わらじが流される浜

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。