霧山城跡|かなりきつい登山の先に待つ北畠氏を支えた天然の要害

霧山城跡(きりやましろあと)について

霧山城跡は南北朝時代に初代伊勢国司となった北畠顕能が築いた山城で、標高560mの天然の要害として、約240年間・9世代にわたって北畠氏の南伊勢の拠点となった城で、現在は土塁の跡などが残っています。

霧山城跡は山のふもとにある「多気北畠氏城館跡」とともに国の史跡に指定されています。

標高560mの山の頂にあるこの城址にたどり着くには、かなりきつい山道を登っていく事となりますが、その分頂上にたどり着いた時の達成感もひとしおです。

霧山城跡へのアクセス

住所:〒515-3421 三重県津市


最寄り駅:JR名松線比津駅から2.7㎞(かなりきつい登山あり)

霧山城跡周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 風日祈宮|内宮境内にある風雨を司る神様を祀る別宮

  2. 饗土橋姫神社|内宮の入り口・宇治橋を守護する神様を祀る神社

  3. 御稲御倉神|神宮にお供えする食事のための稲が納められる神様

  4. 加佐登神社|ヤマトタケルが持っていた笠と杖がまつられる神社

  5. 江島総合スポーツ公園|鹿市立武道館や鈴鹿体育館に隣接する公園

  6. 丸山千枚田|日本一の景観とまで称される日本棚田百選の一つ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。