正法寺山荘跡|鈴鹿亀山エリアで大きな勢力を誇った関氏の山荘跡地

正法寺山荘跡について

正宝寺山荘跡(しょうぼうじさんそうあと)は鎌倉から戦国時代にかけて、鈴鹿や亀山地域一円を治めた豪族・関氏の砦をかねた山荘の跡地です。

昭和52年からの発掘調査によって発見され、戦国武士の生活を解明するうえでも貴重な史跡で、昭和56年に国の史跡指定を受けています。

約200本の桜の名所として知られており、有名な連歌師・宗長なども訪れ、歌会を開いていたそうです。

正法寺山荘跡へのアクセス

住所:〒519-1105 三重県亀山市関町鷲山


最寄り駅:JR関駅から2.4㎞

正法寺山荘跡周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 浄土寺|伊勢商人の豪商・大和屋の菩提寺でもある伊勢街道の宿場町のお寺

  2. 三滝公園|14面のテニスコートや武道館のある公園

  3. 熊野古道・松本峠 地蔵 (熊野市)|松本峠で待つ等身大の地蔵様

  4. 崎山公園|波切神社の奥にある太平洋を一望できる公園

  5. 油屋跡|江戸時代三大遊郭の一つとして栄えた古市を代表したお店の跡地

  6. 御酒殿神|内宮の神様にお供えする御酒が納められる神様

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。