油屋跡|江戸時代三大遊郭の一つとして栄えた古市を代表したお店の跡地

油屋跡について

油屋跡(あぶらやあと・Aburaya ato)は江戸時代、江戸の吉原や京都の島原と並んで三大遊郭の一つとなった古市にあった遊郭、明治時代には皇族や貴賓の宿も一手に引き受けた油屋の跡地で、現在は石碑を残すのみです。

油屋で起こった刃傷沙汰をもとに歌舞伎、文楽の「伊勢音頭恋寝刃(こいのねたば)が作られた事で知られています。

油屋跡へのアクセス

住所:〒516-0033 三重県伊勢市古市町120−5


最寄り駅:近鉄五十鈴川駅から1.1㎞

油屋跡を巡る旅ランウォーク

【ウォーキングコース】伊勢街道(伊勢街道・外宮、内宮へのみち)(6㎞)

伊勢神宮外宮から内宮までを結ぶ参宮街道を巡りながら、お伊勢参りの歴史を体感できるコースです。

油屋跡周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 河原神社・毛理神社|田地守護と森の神木の神様を祀るお伊勢さん125社

  2. 丸山千枚田|日本一の景観とまで称される日本棚田百選の一つ

  3. 神麻続機殿神社|内宮に供えられる麻布を織るお伊勢さん125社

  4. 石積神社|正月2日から5日より奉納される獅子舞が市の有形文化財の神社

  5. 志摩国分寺|聖武天皇の発した一国一寺の詔により建立されたお寺

  6. 比佐豆知神社|俗称クレオパトラ狛が待つ神社庁の隣にある神社

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。