鳥出神社|捕鯨行事がユネスコ無形文化遺産に登録されている神社

鳥出神社について

日本武尊(ヤマトタケル)を祀った神社で、昔から四日市市富田地区の氏神として、武運・豊漁・豊作など地方の繁栄をもたらしてきた神社と言われています。

明治時代には県社に格付けられ延喜式神名帳にある「鳥出神社(伊勢国・朝明郡 二十四座)」に比定される式内社です。

この神社で行われる捕鯨行事は、1997年に国の重要無形民俗文化財に、2016年には日本各地の33件の山・鉾・屋台行事の一つとしてユネスコの無形文化遺産に登録されました。

鳥出神社に祀られる神様

日本神話最強ともいえる存在であるヤマトタケルが祀られており、特に勝運授与、開運出世、開運招福、商売繁盛、国土安穏などのご利益があるとされています。

ヤマトタケルについて詳しくはこちら

近代社格制度・旧県社

明治の近代社格制度で高い格付けを受けた三重県の名社を走って巡ろう

延喜式内社・朝明郡二十四座 鳥出神社

延喜式内社・朝明郡二十四座について詳しくはこちら

鳥出神社へのアクセス

住所:〒510-8014 三重県四日市市富田2丁目16−4


最寄り駅:JR富田駅から600m、近鉄富田駅から1㎞

鳥出神社周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 鏡宮神社|五十鈴川と朝熊川に囲まれた景観抜群の社

  2. 六華苑(旧諸戸清六邸)|山林王として知られた実業家の元邸宅

  3. 観音院|東海道関宿の守り神で観音山に西国三十三所霊場を開いたお寺

  4. 長興寺|捕鯨などの漁師町として栄えた富田六郷の信仰を集めたお寺

  5. 鳴谷神社|狛犬ならぬ狛猿が参道で迎えてくれる神社

  6. 平群神社|平群一族の先祖を祀った延喜式内社・平群神社に比定される神社

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。