熊野本宮大社|熊野古道の目的地・熊野三山の一つで熊野神社の総本宮

熊野本宮大社について

熊野本宮大社は全国に約3000社あるといわれる熊野神社の総本宮で、熊野古道の目的地・熊野三山の一つで、熊野造りと言われる神社建築の社殿は国の重要文化財に指定されています。

第一殿から第四殿まで横一列に並んだ本殿は荘厳で、拝殿前にある大黒医師と亀石は長寿にご利益があると言われています。

境内から500mほどの距離にある旧社地「大斎原(おおゆのはら)」には大鳥居があり、神が舞い降りた地とされており、パワースポットとして、そして桜の名所として多くの人が訪れています。

熊野本宮大社へのアクセス

住所:〒647-1731 和歌山県田辺市本宮町本宮1110

関連記事

  1. 神館神社|倭姫命が休憩所として建てた館の後に建てられた神社

  2. 北畠氏館詰城跡|北畠氏館跡の裏山の尾根上に立地する天然の要害

  3. 丈六寺|弘法大師が室生四門の北門霊地として開創したお寺

  4. 八脚門跡|斎宮が広大な都市であった事が判明した証拠となる門跡

  5. 栗須美神社|斎王ともゆかりのある鎮守の神社

  6. 桑名宗社|桑名市の総鎮守社で石取祭で有名な神社

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。