彌尼布理神社|尾根の上に保食の神様を祀る延喜式内社に比定される神社

彌尼布理神社について

彌尼布理神社(みにふりじんじゃ・Minifuri jinjya)は延喜式内社・彌尼布理神社に比定される神社で、尾根の上の広い境内を持ち、保食神の稲倉魂命(うがのみたまのみこと)を祀っています。

明治12年に社殿が造営された際、瑞垣内に、早生・中生・晩生・もちの四種の稲が自生し、神の瑞穂として地元はもちろん、県内各地に分配されたと言われています。

 

延喜式内社・奄藝郡十三座 弥尼布理神社

延喜式内社・奄藝郡十三座について詳しくはこちら

彌尼布理神社へのアクセス

住所:〒510-0317 三重県津市河芸町北黒田2250


最寄り駅:伊勢鉄道・河芸駅から2.6㎞、伊勢上野駅から2.8㎞

彌尼布理神社周辺のおすすめスポット

関連記事

  1. 伊賀流忍者博物館|謎の多い伊賀流忍者の世界が堪能できる博物館

  2. 阿下喜温泉あじさいの里|源泉かけ流しの天然温泉

  3. 光岳寺|徳川家康の花の念持仏が待つ長島のお寺

  4. 種まき権兵衛の里|三重県最大級の日本庭園がある民謡にちなんだ施設

  5. 金生水沼沢植物群落|珍しい食虫植物もある国の天然記念物

  6. 鳥岡観音|阿坂城城主で秀吉も苦しめた大宮入道含忍斉の墓と言われる地

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。