飯野高宮神山神社|櫛田川と祓川の分岐点の山の上にある元伊勢

飯野高宮神山神社について

飯野高宮神山神社(いいのたかみやこうやまじんじゃ・Iinotakamiyakouyama jinjya)は櫛田川と祓川の分岐点北西に位置する神山(こうやま)山麓にある神社で、倭姫命が天照大御神を祀る地を求めて各地を巡った際、一時滞在した飯野高宮の地に比定される元伊勢の伝承地です。

また延喜式内社の大櫛神社(伊勢国・多気郡 五十二座)」に比定される神社です。

境内には紀勢本線が走る踏切もあります。

飯野高宮神山神社に祀られている神様

開運招福や方位除のご利益によって自分が進むべき道に迷っている人に対して、人生を切り開く手助けをしてくれるとされ、「災難除」「延命長寿」「良縁成就」「交通安全」などのご利益が知られる猿田彦大神(サルタビコオオカミ)が祀られています。

サルタビコオオカミが祀られる神社

延喜式内社・多気郡六座 大櫛神社、飯野郡四座 神山神社

飯野高宮神山神社へのアクセス

住所:〒515-0208 三重県松阪市山添町4


最寄り駅:近鉄櫛田駅から3.2㎞

服部本家屋敷周辺のおすすめスポット

おすすめの記事