三重県内の寺社や史跡などの聖地を走って歩いて巡ろう

ランニングとウォーキングで三重の聖地を巡ろう

三重を楽しく走り歩き続けるためには、絶対に目的はあった方がいい。ただレースや大会に出るのはちょっと・・・

そんな方にお勧めなのが、自分自身で到達する目的を設定して、マイペースに自由気ままに走って、歩いて三重の聖地を巡ろうというもの。

せっかく三重を走り歩くなら、ご利益のありそうな聖地巡りも取り入れながら、楽しくランニングやウォーキングを続けていきましょう!

神社・寺院巡り

三重県には伊勢神宮を筆頭に、歴史や由緒ある神社や、特別なご利益があるとされる神社が数多く存在します。

また真宗高田派本山 専修寺をはじめ、多くの信仰を集める寺院も数多く存在しています。

当サイトではそんな神社や寺院の中でも、特におすすめのスポットを走り歩いて巡れるルートを紹介してきます。

三重の七福神を走って巡ろう

現在三重県には県内各地で七福神を巡るシリーズが、全部で6カ所あります。

ただでさえ7つの福徳を得られる七福神、走って歩いて巡ればさらにご利益が増す・・・かもしれないという事で、ぜひ三重県内の七福神巡りラン&ウォークに挑戦してみてください!

7つの福を授かれる三重県内の七福神を巡ろう

伊勢七福神鈴鹿七福神伊勢の津七福神松阪霊地七福神志摩国七福神勢州七福神

お伊勢さん125社を走って巡ろう

伊勢神宮と言えばまず思い浮かぶのが内宮と外宮の2社ですが、実はほかに123社、総計125社で構成されているというのをご存じですか?

この125社の中には駐車場もない小規模な神社も多く、車で巡るにはかなりの不便があり、小回りの利くランニングやウォーキングで巡ってみるのがお勧めです。

ぜひ125社をすべて走り歩いて、お伊勢さんマスターを目指してみてください!

伊勢神宮|お伊勢さん125社を走って歩いて巡ろう

三重の式内社を走って巡ろう

平安時代中期に国によって編纂された延喜式神名帳(えんぎしきじんみょうちょう)に名前が掲載されている式内社の中には、今も地元の人々を中心に厚く信仰されている由緒ある神社がほとんどです。

そんな式内社は普段なかなか訪れる事のない地域にも数多く点在し、走り歩いて巡れば、よりディープな三重を発見する事も可能です!

三重県内の延喜式内社に比定される由緒ある神社を走って巡ろう

明治の近代社格制度で高い格付けを受けた三重県の名社を走って巡ろう

明治時代に国が整えた社格制度の事を「近代社格制度」といい、中でも三重県内で高い格付けにあったのが「国幣社」「別格官幣社」「県社」に格付けられた神社。

これらの神社は現在においても、比較的境内の広い、由緒ある神社が多く、走って巡るのにおすすめです。

明治の近代社格制度で高い格付けを受けた三重県の名社を走って巡ろう

伊勢西国三十三所観音霊場を走って巡ろう

伊勢西国三十三所観音霊場は、三重県内にある観世音菩薩で構成された霊場で、お伊勢参りとともに多くの参拝者が訪れる由緒ある古巡礼です。

千年以上の歴史を持つと言われる三十三所観音霊場を走って巡って、三重の歴史に触れてみませんか?

もう一つのお伊勢参り・伊勢西国三十三所観音霊場を巡ろう

三重四国八十八ヶ所霊場を走って巡ろう

三重四国八十八カ所霊場は、四国にある空海ゆかりの88カ所の仏教寺院の霊場巡り「お遍路」の三重県版です。

空海が伊勢神宮へ参拝する際に実際に通った道を中心に、三重に広がる八十八カ所の巡礼地を走って巡ってみませんか?

三重のお遍路・三重四国八十八ヶ所霊場を巡ろう

史跡・城郭巡り

三重県はかつて伊勢国、志摩国、伊賀国、紀州国(の一部)と4つの国に分かれており、様々な文化の交流地点として歴史や文化が混在した少し特殊な県と言えます。

また日本100名城に選ばれている松坂城や伊賀上野城をはじめ、多くの特色あるお城が数多く存在しています。

当サイトではそんな三重県の史跡や城郭の中でも、特におすすめのスポットを走り歩いて巡れるルートを紹介していきます。

絶景巡りラン

南北に長く、海と山に囲まれた三重県には、目を奪われるような絶景スポットが数多く点在しています。

当サイトではそんな三重県内の絶景ポイントの中でも、特におすすめのスポットを走り歩いて巡れるルートを紹介していきます。

 

 

関連記事

  1. 松阪神社|松阪城の守り神として信仰されてきた神社

  2. 八幡神社|尾鷲港が見渡せる小高い山の上にある神社

  3. 常安寺|戦国屈指の水軍を率いた九鬼家の菩提寺で志摩市屈指の曹洞宗名刹

  4. 小許曽神社|作物の豊凶を占う粥試しという神事が行われる式内社

  5. 徳本上人のお堂|「南無阿弥陀仏」を唱え全国を行脚した高僧の堂

  6. 鵜森神社|浜田城の旧跡にある鵜森大明神として親しまれる式内社

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。